もっと知りたい!サロンの世界

自宅でサロン気分♪セルフネイル

ネイル、まつエク、ケア・・・なんでも自分でやれちゃう?!

ネイルを楽しむ方の中で、今やジェルネイルは外せないものとなってきています。
美容サロンでプロにしてもらえば、デザインはもちろんリッチな気分にもなれるのでいいですが、自宅でもセルフネイルを楽しみたいですね。

もっと知りたい!サロンの世界

ネイルを楽しむためのセルフケアに必要なもの

ネイルにも昔からあるポリッシュ(除光液で簡単に落ちるもの)とジェルの2種類があります。
ジェルは長持ちするので最近のネイルサロンでも人気の反面、オフ(落とすこと)するのに時間がかかるので、セルフでネイルをする際はまだまだポリッシュ派も多いようです。
仕事でネイルは不可の場合、金曜の夜から日曜の夜だけネイルを楽しむ、というパターンも。
最近ではポリッシュの質もよいので安価でも色、ツヤが長持ち。
カラーのポリッシュをプチプラで楽しんで、トップコートだけ少し高価なものにすると持ちがぐーんとアップしますよ。
こちらなんとほぼ10分でネイルを完成させちゃう!というサイト。
100均などのネイルもよく登場するので、自分でも試したくなりますよね。

メインとなるカラージェルや、デコレーションにストーンやネイルシール、ラメなどはぜひ用意しましょう。
そしてその他にも、セルフネイルをするにあたって最低限持っておきたい道具を紹介します。
まずネイルをする前準備のセルフケアには、爪やすり(エメリーボード)、キューティクルリムーバー、プッシャー、無水エタノールが必要です。
爪やすりで爪を好きな形に整え、甘皮を処理するキューティクルリムーバーを全体に塗った後プッシャーで甘皮を押し上げます。
エタノールはその後の拭き取りに使います。
このセルフケアは欠かさず行いましょう。

セルフネイルをするために必要なもの

好みのカラージェルと、ジェルブラシ、UVライトまたはLEDライト、ジェルリムーバーは最低限揃えておきたいところです。
爪を守ってくれるベースジェル、コーティングしてツヤを出すトップジェル、エタノールで拭き取る際に使うコットンも用意しましょう。
ライトはジェルを固めるために使いますが、10秒ほどで乾くので持っておきたいですね。
ジェルによって、UVライトでもLEDライトでも乾くものもあれば、どちらかしか乾かないというものもあります。
ライトの寿命が長いことと硬化時間が短くなること、また電気消費量も少ないことから、LEDライトを選ぶ人が多いようですよ。

簡単、お手軽セルフネイル

とにかく簡単でテクニックがいらないセルフネイルなら、5つの爪のうち数個だけ色を変えて塗るデザインがおすすめです。
同色系で変えてもいいし、アースカラー3色を塗り分けるというデザインも落ち着いていておしゃれな印象になります。
http://funside.la/how-to-selfgelnail
ストーンやネイルシールを貼ってもかわいく仕上がりますね。
また、伸びてきても生え際が目立ちにくく、こまめに変えるのは面倒という人にはグラデーションがおすすめですよ。
http://www.luvnail.com/technical_01_2.html
ベースジェルを塗って硬化させた後、クリアジェルとラメを混ぜたものを爪の半分くらいから先端に向けて塗り仮硬化させます。
そのあと、先端に近いところから再度塗って硬化させれば完成です。
チークネイルも、とても人気があるデザインですよ。
https://youtu.be/c1_zT3NdDGE
ベースとなる白めのジェルを一度塗って硬化させ、真ん中あたりに好みの色を付けたパフでとんとんと少しずつ色を付けていきます。
最後にもう一度クリアミルク色などを塗って硬化させれば、ふんわりチークのようなセルフネイルが完成です。
最近特に人気が出てきているのは、ミラーネイルです。
http://www.selfnail.club/entry/2016/08/14/162027
ベースとなるジェルを塗って、あまりライトを当て過ぎない程度に未硬化の状態で、ミラーパウダーをアイシャドウのチップに乗せて塗っていきます。
磨くようにくるくると押さえていくと、粒子が目立たなくなってキレイに仕上がります。
ベースカラーが派手な色でも肌によくなじむネイルになりますよ。

セルフケアは美容全般に欠かせない

セルフネイルしている時間はとても楽しいものですが、セルフケアしたいのは爪だけでしょうか?
例えばまつげ。
もっと知りたい!サロンの世界
美容に関心があれば、まつげは外せないポイントの一つとも言えますよね。
最近ではまつげエクステも自分でつける、という人も。
まつげパーマを自分でやっている人も珍しくはありません。
そんなまつげ、自分で施術しているとケアが甘くなりがち。
そもそもまつげはメイクやクレンジングの影響でどうしても抜けたり切れたりしやすくなります。
だからこそ、まつげ美容液は欠かせないアイテムです。
手元だけでなく大切なお顔の印象は、まつげの長さや濃さでも変わってきます。
まつげ美容液でのセルフケアも、ぜひ忘れずに行いたいですね。